結婚LABO(ラボ)How to会場選び

結婚式といえば、永遠の愛を誓い合う「挙式と、ゲストを招いておもてなしをする「披露宴の2つを思い浮かべる人が多いはず。そのうちの「披露宴」は、両親や家族、友人など、お世話になった人に感謝の気持ちを伝える絶好の機会。ゲストと過ごす時間を想像しながら、ふたりのイメージに合った会場を選んで。

会場の種類を知る

会場を選ぶときには

  • おもな披露宴会場は、以下の4つ(ホテル・ゲストハウス・レストラン・専門式場)
  • 「こんな結婚式がしたい」というふたりのウエディング・コンセプトに合わせて、会場の特徴をチェックする
  • 会場の情報収集はなるべく早めに行い、下見の候補をいくつか決めておく

ホテル

ホテル 訪れるだけで非日常の気分を味わえるのは、ホテルが
みんなにとって特別な場所だから。挙式当日は
スイートルームに宿泊して、リッチな一日を
締めくくるのもステキ!

幅広い層に好印象をもたらすホテルは、数ある会場のなかで、もっとも格調の高い結婚式を実現できるのがメリット。ほかにも、知名度の高さや上質なサービス、立地条件のよさにも抜群の安心感をキープ。宿泊の手配が必要な遠方ゲストを招くときにも最適な選択といえそう。

ゲストハウス

ゲストハウス ゲストハウスの代名詞ともいえる、人気の演出
「デザートビュッフェ」。解放感のあるテラスや
ガーデンで開くのが今風。

貸し切りの一軒家でプライベートな結婚式を楽しめる「ハウスウエディング」。結婚式の新しいカタチとして注目しているカップルも多いはず。チャペルやガーデンなど、こだわりの設備も充実しているので、趣向を凝らした演出を楽しみたい人は、積極的に下見を。

レストラン

レストラン 腕によりをかけて仕上げたシェフの料理が運ばれてくる
たびに、ゲストの会話も弾みそう! レストランならではの
美食で至福のウエディングを。

料理のクオリティにこだわれるレストランウエディングは、何よりもオリジナリティを大切にしたい人に。シェフと相談しながら、出身地の食材を使った完全オリジナルメニューを作ってもらったりと、アイデア次第で世界にひとつの料理が実現するのも大きなメリット。また、会場によっては挙式スペースや控室の有無など、設備面のチェックをしておくとよいかも。

専門式場

専門式場 専門式場のなかには、ホテル並みの豪華さをもつ会場や、
らせん階段など、こだわりの設備があるところも。

正統派の結婚式をしたいけれど、あまり堅苦しすぎるのはイヤという人に。専門式場は、挙式や披露宴を行うための設備と専門スタッフが充実しているのが特徴。当日の進行も任せられるので安心という声も。専門式場という形態から、お日柄によって予約が集中しやすいので、大安吉日の日取りを希望している人は、早めの予約を心がけて。

そのほか

そのほか 一般のゲストもいる会場なら、見知らぬ人から「おめでとう」
と声をかけられることも。さまざまなサプライズに出会えるの
も楽しみ。

お気に入りのテーマパークやふたりが大好きなリゾート、潮風に包まれて過ごす船上ウエディングなど、ロケーション重視の会場も要チェック。

ここもCHECK!

披露宴のスタイルを決める

披露宴

披露宴のスタイルを決めるポイントは以下の2つ。両家の親とも相談しながら、ふたりらしいおもてなしのカタチを実現させて。

挙式と披露宴の組み合わせは?

  • 挙式と披露宴を同じ会場で開く
  • 挙式と披露宴を別々の会場で行う
  • 披露宴は行わず、挙式のみ
  • 挙式+気軽に参加できる立食パーティを開く
  • 身内だけで挙式、別の日に正式な披露宴を行う

どんな雰囲気で過ごしたい?(ふたりの意見を中心に)

  • 格式のある正統派のパーティ
  • トレンドを取り入れてスタイリッシュに
  • あまりかしこまらずにカジュアルな雰囲気で
  • 身内とごく親しい知人だけの少人数で など

ここもCHECK!

会場選びのポイント

会場の情報をみるときは、下記のポイントを中心に。合格点が出たら、候補の会場にリストアップして。

挙式スタイル
希望の挙式を実現できる設備があるか
会場の雰囲気
ふたりが希望するテーマ、招待客の顔ぶれとマッチするか
会場の大きさ
宴会場のタイプと収容できる人数
サービスと対応
電話やメールでのやりとりに不満はないか、スムーズな対応を心がけているか、など
料理が美味しいか
食材や調理法、見た目の華やかさや食器類にこだわりはあるか。料理はおもてなしの要だから、試食できる会場が高ポイント
立地・アクセス
みんなが訪れやすいエリアかどうか、交通手段や最寄り駅からの距離、送迎バスの有無、など

ここもCHECK!

会場の情報を集める

会場の情報収集は、自分に合ったツールで効率よく。このとき、会場の内容だけでなく、目にとまったドレスの写真や花嫁のヘアスタイルなども一緒にコピーしておくとGood!

情報収集の仕方

  • 会場へ直接、資料請求をする(一度にまとめて行う)
  • インターネットで
  • 結婚情報誌や関連の書籍で
  • ブライダルフェアのイベントで
  • 結婚式の相談カウンターへ(会場探しのナビを無料でしてくれるところ)
  • ウエディングプロデュースの会社を利用する(相談は無料、成約後に費用が発生するところが多い)
  • 友人・知人のクチコミ など

ここもCHECK!

それでも不安、もっと詳しく知りたい・・・というあなたへ

結婚LABOウェディングに相談