結婚LABO(ラボ)挙式スタイルを決めよう

結婚式のオープニングを飾る挙式は、花嫁の憧れがつまったメインイベントのひとつ! まず、挙式スタイルを決めるときには、“お互いの親の意向を尊重する”ことを忘れずに。そして、もうひとつのポイントは、自分たちの『ウエディング・コンセプト』(=ふたりがどんな結婚式をしたいのか)を明確にしておくこと。このふたつを軸に考えをめぐらせれば、ふたりにふさわしい挙式のスタイルが見えてくるはず! 幼いころから夢見ていたステキな結婚式の舞台で、幸せいっぱいの挙式を実現して。

挙式スタイルを選ぶときには

  • おもな挙式スタイルは以下の4つ(キリスト教式・神前式・仏前式・人前式)
  • 両家に信仰している宗教があるかを確認しておくこと
  • 自分たちの希望を実現できるセレモニーはどれなのかを見極める
  • すでに会場を決めている場合は、会場の設備に合わせて挙式スタイルを選ぶ
ここもCHECK!

キリスト教式

キリスト教式

憧れの演出がかなう人気のセレモニー

「大聖堂のバージンロードを歩きたい」、「フラワーシャワーでゲストに祝福されたい」、そんなシーンを夢みているなら、迷わずキリスト教式を選んで。キリスト教式で式を行うときには、教会や宗派により、信者だけの儀式に限定しているところもあるので注意が必要。ホテルやゲストハウスにあるチャペルは、信仰に関係なく、挙式OKと考えて。

この挙式ができる会場/ホテルやゲストハウスなどのチャペル、街の教会、 祭壇を設けた宴会場やガーデン など

ここもCHECK!

神前式

神前式

奥ゆかしい和装を身にまとう伝統の挙式

おごそかな雰囲気と雅やかな演出が魅力の神前式。伝統ある和装に三三九度や玉串礼拝といった古式ゆかしい儀式は、日本人なら一度は経験してみたいもの。最近では、有名な神社で式を挙げた後、近隣のホテルや会場に移動して、披露宴を行うという欲張りなプランも。選択肢が広がったのも、和のウエディングが人気を集める理由のひとつといえるのでは。

この挙式ができる会場/近隣の神社や有名な神社(祭礼がある時期はNGの場合も)、ホテルやゲストハウスなどの式場に併設している神殿 など

ここもCHECK!

仏前式

仏前式は信仰に熱心な家柄の人がほとんど

仏前式とは、信仰宗派の寺院などで、仏様とご先祖様に契りを誓う儀式のこと。式には親族のみが参列。新婦は白無垢姿、新郎は黒紋付きと羽織袴を着用するので、神前式のスタイルと似ているところも。ただ、基本的には新郎新婦のどちらかがその寺院の檀家でないといけないので、熱心な仏教徒でないと、式をとりおこなう機会は限られているかも。

ここもCHECK!

人前式

人前式

ゲストが立会人で参加する個性派セレモニー

参列者に結婚の承認をしてもらう人前式は、宗派のしがらみや式次第の決まりがないので、個性的なセレモニーをのぞむ人におすすめ。式を挙げる場所は、ホテルやゲストハウスにあるチャペルを利用してもいいし、宴会場やガーデンでアットホームに式を挙げてもステキ。衣裳は和装・洋装のどちらでも。

この挙式ができる会場/ホテル、ゲストハウス、レストラン、専門式場、商業施設にあるイベントホール、テーマパーク、そのほかにもいろいろ

ここもCHECK!

 

それでも不安、もっと詳しく知りたい・・・というあなたへ

結婚LABOウェディングに相談