結婚LABO(ラボ)結婚資金を把握する

結婚式にはまとまったお金が必要だから、準備途中で不安にならないように予算計画を立てておきたいもの。また、打合せが進むにつれて、「お色直しでカラードレスが着たい! 」「料理をランクアップしよう」と、いろいろなこだわりが出てくるのも現実。そんなときは、お金をかけるもの、費用をおさえるところの見極めが大切に。メリハリのあるお金の使い方をすれば、ふたりの理想の結婚式にきっと手が届くはず。

Chapter.1-1 ふたりの結婚資金を把握する

結婚資金とは、今現在、ふたりが結婚費用として使える貯金と、挙式当日までに貯金できる目標額。そこに、両家の親からの援助や、結婚式に招待するゲストからのご祝儀(見込み額)をプラスした合計が、ふたりが使えるお金の総額に。さらにそこから、新居やハネムーンなどの費用をマイナスすれば、結婚式のための予算が見えてくるという計算に。

結婚式に使えるお金はいくら?

A 現在のふたりの貯蓄
ふたりの貯金はいくら使える?
新郎(      )万円+新婦(      )万円=(      )万円
B これからの貯蓄
結婚式までにどのぐらい貯金できそう?
新郎(      )万円+新婦(      )万円=(      )万円
C 両家の援助費用
親からの援助に甘えるのも、親孝行と考えて!
新郎(      )万円+新婦(      )万円=(      )万円
D ご祝儀の見込み額
ゲストからのご祝儀は下記を目安に。
友人・同僚…約3万円×人数=(      )万円
親族・上司…約5万円×人数=(      )万円
そのほかのお祝い金(職場や有志からいただくもの)(      )万円

ふたりが使えるお金の総額 A+B+C+D= ①合計 万円 結婚式以外に必要なもの E ハネムーン費用( )万円 F 新生活準備費用( )万円 結婚式に使えるお金 ①-(E+F) ②合計 万円

ここもCHECK!

Chapter.1-2 ゲスト人数の把握と見積り

候補の会場が見つかったらスタッフに見積りの依頼を。ほかにも検討している会場があれば、同じタイミングで見積りをとっておくのがベスト。

見積書はここをチェック!    ※ゲスト80名の見積り例

ここもCHECK!

Chapter.1-3 結婚資金づくりプランを立てる

結婚資金の全体像がみえてきたところで、今すぐ実行したいのが貯蓄目標額の設定。何かと出費が増えるこれからに備えて、長期で着実に貯蓄できるプランを考えてみては。

1年間の貯蓄目標額を設定しよう

  • ●新郎
    毎月の給与から…月(      )万円 ×12回
    年2回のボーナスから…(      )万円+(      )万円=合計(      )万円
    合計 (      )万円
  • ●新婦
    毎月の給与から…月(      )万円 ×12回
    年2回のボーナスから…(      )万円+(      )万円=合計(      )万円
    合計 (      )万円

それでも不安、もっと詳しく知りたい・・・というあなたへ

結婚LABOウェディングに相談